運命の出会いを叶える

話題の婚活サイトを徹底分析

出会いサイトやコミュニティサイトはもう古い!? 話題の婚活サイトを上手に活用して、出会いの可能性を広げよう!

最初に知っておく3つの知識

出会い系サイトとの違い

婚活サイトと出会い系サイトには実は大きな違いがあるんです。

料金と基本システム

婚活サイトの仕組みと発生する費用について詳しくみていきましょう。

必要な書類

書類って面倒臭そうだしちょっと怖い・・。その不安を解決します。

なぜ婚活サイトがオススメなのか

結婚したいのに出来ない男女が増えています

学生時代はたくさんの出会いがあったのに、社会人になると出会いの機会がめっぽう減ってしまいます。
その結果、本当は恋愛・結婚したいのに「良い相手が見つからない」「出会いのチャンスがない」などの理由でなかなか本気の恋愛や結婚までたどり着けない大人の男女が増えています。

もちろん「恋愛に興味ない」「結婚したくない」という方々もいますが、素敵な出会いさえあれば積極的に恋愛したい大人が大半なのです。

街コンよりも精度の高い婚活サイト

ここ数年、日本各地の自治体などが率先して「街コン」や「婚活パーティー」を行ってきました。
各地で大盛況でしたが、認知度が上がるにつれて暇つぶし感覚遊び相手を探す目的の参加者も増え、真剣に結婚相手を探す割合が薄れてきています。

一方婚活サイトは、基本的には1対1でやりとりをするので、気が合いそうな相手を自分の目で確かめてアクションを起こすことが可能です。
また、webサービスなので24時間婚活が可能となり、忙しい社会人にはぴったりの婚活ツールとなっています。

成熟期を迎えた今がチャンス

スマートフォンアプリの登場によって、数年前には様々な出会いアプリが乱立しました。
婚活サイトや婚活アプリも沢山登場したのですが、一定期間を経て「会員数」「サービスの質」「運営体制」などの違いにより2015年ごろから大分精査されてきました。
婚活ツールとしての認知度・人気共に成熟してきた今が、最大限に婚活サイトを活用して出会いを求めるチャンスとなっています。

徹底的に厳選したサイトのみを紹介

本気の恋愛をする相手を求めるサービスだからこそ、極力失敗は避けたいところです。
当サイトでは、日本中の婚活サイトの中から、「規模感」「認知度」「会員の質」「運営体制」などを徹底的に検証して、自信を持ってお勧め出来るサイトのみをご紹介しています。

データで見る日本の婚活状況

昨今の恋愛観・結婚観

超高齢化社会と騒がれる昨今の日本ですが、同時に未婚率や晩婚化なども話題に上ることが多いですね。
男性の草食化や、彼氏・彼女を作らない人の特集などもテレビや雑誌などで取り上げられ、日本の未婚の人々はもう恋愛や結婚に興味がなくなってきてしまっているようにさえ感じます。
実際に30歳時点での未婚率を調べてみると、男女ともに高い数字となっています。

結婚願望の高い日本人

未婚率ばかりが話題に上がりがちですが、実は日本人は「結婚に肯定的な割合」が高いというデータがとれたそうです。
つまり、結婚しない、もしくは結婚できない人が増える一方で、結婚したい、結婚した方が良いと考える人も高い割合でいることが考えらます。

結婚したくても出来ない理由1位は・・・

「どっかに理想の相手いないかなぁ」ドラマなどで耳にするこのセリフ・・
実は実際に多くの未婚の男女が本気で思っていることだったようです。
なんと、男女ともに「結婚したくてもできない理由」第1位が「適当な相手にめぐり会わない」と回答していることがわかりました。
この傾向は特に年齢を重ねるごとに上がっていき、30代後半になると、男女ともに半分以上の人が「理想の相手に出会えないから結婚できない」と思っているのです。

各資料:平成25年版 厚生労働白書参照

どんな人が利用しているの?

20代後半〜40代の社会人が中心

婚活サイトの会員層は男女ともに20第後半から40代が中心となっています。
その中でも男性は30第後半から40代半ば、女性は20第後半から30代後半までの会員が多い印象を受けます。
また、積極的にサイトを活用しているのは男女ともに30代が多いです。

しっかりと自立した会員

婚活サイトの利用は出会い系サイトなどと違い、収入証明証等の書類提出が必要な場合も有ります。
そのため、婚活サイトを利用しているユーザーは、きちんと自立し責任感のある行動をする人が多いです。
また男女ともに経済的にも余裕がある会員も多く、長期的な視点でサイトを活用し、理想の相手を探しています。

マッチングサイトに対する考え方

婚活サイトといっても、所詮ネット上で男女が出会う「出会いサイト」と考える方もいると思います。
婚活サイトの利用者たちは、サイトを利用した婚活のメリット・デメリットを考慮した上で、「異性と出会うための最適なツール」として、後ろめたさなく利用している方ばかりです。
婚活サイトがポピュラーなジャンルにまで成長してきたのは、このような考え持った既存の利用者たちが、上手に婚活サイトを活用し素敵な出会いを実現してきた結果とも言えるかもしれません。

優良婚活サイト紹介

youbride(ユーブライド)

サイト概要

youbrideは婚活サイトの代表とも言える、超定番人気サイトです。会員数は驚きの100万人です。しかも、ただ人数が多いだけでなく、恋愛や美に対する意識の高いユーザーが多く集まっています。「真剣な出会いはネット経由が主流」という、時代の潮流を体現しているようなサイトとなっています。

おすすめポイント1

運営会社が、あのmixiの子会社ということもあり、信用度・信頼度はトップレベルです。またサポートも充実していて安心してサイトを利用することができます。

おすすめポイント2

日本最大級の会員数はyoubrideの何よりの強みです。なかなか気の合う相手が見つからない場合でも、コツコツ続けていけば必ずあなたにぴったりの相手と知り合えるはずです。

pairs(ペアーズ)

サイト概要

累計会員数360万人、述べマッチング数1920万組突破という驚異的な数字を誇るpairsはFavebookを利用した婚活サービスの代表格です。ユーザーの年齢層は20代後半から30代後半が多く、婚活だけじゃなく、恋人探しのユーザーも多く見られます。婚活サイト慣れしているユーザーが多いのも特徴の一つです。

おすすめポイント1

今では良く見かける「Facebook連携」ですが、その先駆けのサービスの1つがpairsです。マッチングしたらお互いのfacebookを公開出来たり、facebookの交際ステータスが独身じゃないと利用できない等、便利な機能がたくさんあります。

おすすめポイント2

他の婚活サイトに比べて、会員が結婚結婚してないのが特徴です。もちろん婚活サイトなので最終目的はそこなのですが、まずは恋愛から始めてみたい方や、婚活サイト初心者向けと言えるかもしれません。

ラブサーチ縁結び

サイト概要

マッチングサイトとしては老舗となるラブサーチの婚活サイトです。特徴は何と言っても男女比が「男4:女6」という、女性へのプロモーションに力を入れている点です。実際利用してみると、女性会員の多さにびっくりしてしまいます。また、サイトには続々と結婚報告が掲載されており、出会い率の高さが伺えます。

おすすめポイント1

ラブサーチ縁結びは、プロフィール内容の充実度や、とどいたメッセージを逃さない高機能なメールボックス、奥手のユーザー向けのウインク機能など、痒いところに手が届く細かなサービスが充実しています。

おすすめポイント2

女性会員比率が高いせいなのか女性会員の積極性が高いです。また、男女ともにアクティブな会員が多いので、メッセージ返信率の高さも特徴の一つとなります。

Omiai(オミアイ)

サイト概要

Omiaiは婚活サイトの人気が高まる以前から、Facebook連携を売りに運営されている、人気の婚活サイトです。サービス名通りかつての「お見合い」をネット上にて実現させています。サービス開始当初から、Facebook等のSNSを利用したプロモーションを中心に行っているので、会員のネットリテラシーが高いのが特徴です。

おすすめポイント1

婚活サイトの中でも知名度No1の呼び声高いサービスだけに、様々なメディアにも紹介されています。その知名度の高さから47都道府県どこでも会員数が充実しています。

おすすめポイント2

長い運営の中で、真剣に恋愛をしたいユーザーへの訴求を続けた結果、Omiai内のアンケートにて「次に付き合う人と将来を考えたい」のYes率がなんと99.2%という驚異的な数値が出ています。

ゼクシィ縁結び

サイト概要

説明不要の日本最大ブライダル関連会社「ゼクシィ」の婚活サイトです。数年前に婚活サイト参入が発表された時には、日本中の婚活サイトユーザーが期待に胸を膨らませた、超話題のサービスです。これまでブライダル業界で培った結婚に対する様々なデータを駆使して、幸せな出会いの場を提供するサイトとなっています。

おすすめポイント1

男女ともに会員の本気度・ビジュアルレベルがとても高いです。結婚に対する意識が高い人は、もっともお勧めできるサービスとなっています。

おすすめポイント2

その知名度から、新規の会員が続々と登録してきています。男女ともに婚活サイト初心者が多いので、いつ見ても新しい会員が見つかります。

本当に良い出会いがあるの?

アナタにとっての出会いとは!?

まず始めにお伝えすることとして...
アナタが婚活サイトを利用し始めたとしたら、割と早い段階で、そして驚くほど簡単に

『出会えると思います』

しかし、婚活サイトの本来の目的は

『理想の相手との出会い』『その先の結婚』です。

そういう意味での良い出会いは、すぐには訪れないかもしれませんし、努力が必要です。

ただ、難しく考えすぎてもなかなか前に進めないので、まずは気になる相手を見つけて、積極的に自分自身をアピールしていくことが大事です。
その先に、アナタのことを真剣に考えてくれる相手との良い出会いが待っているのですから。

婚活サイトで出会えるコツ

プロフィールの充実

実際に会う前に、相手の情報を1つでも多く知りたいのは当たり前です。自分自身を知ってもらうためにも、設定できるプロフィールや自己PRは全て記入しましょう。
ただし、虚偽の記載はもってのほかですが、年収、趣味等の背伸びのしすぎや、プロフィール画像の盛り過ぎなどは、後々自分の首をしめることになりますので、極力正直に記入したほうが良さそうです。

積極的にアピール

婚活サイトを利用している時点で「 出会い・恋愛 関して興味がある」というセグメントは切られています。
ただ、積極的に行動できなかったり、物理的に時間がない会員も多いので、できるだけ行動は自分の方から起こしましょう。

アナタに時間があるときは、どんどんメッセージを送って相手にアピールしてください。もちろん同性の会員も日々同様にアピールしていますので、婚活サイトの中にはライバルも沢山いるということを意識して利用してください。

デートでは常に真摯に

いざ初めて会う約束をしたらテンションも上がり、気分は最高潮になると思います。しかし焦りは禁物です。
特に最初のデートは、相手もとても緊張しています。そして初めて会うアナタのことをもっと良く知ろうと観察しています。

最初の出会いを素敵な出会いに繋げるには、邪な気持ちを持たず、相手のことを思いやった行動を取るように心がけてください。

婚活サイトでやってはダメなこと

出会い系サイトのような使い方

いくら婚活サイトが男女のマッチングが目的だからといって、「今日暇な人ー?」や「今から飲み行かない?」などの軽いノリでの募集やメッセージは控えましょう。
また、肉体関係を求めるような書き込みやメッセージは、利用停止になる恐れもありますので絶対にやめた方が良いです。

虚偽の内容掲載

プロフィールの内容を詐称したり他人の画像を使うなどの行為は相手の信頼を失うだけでなく、ペナルティの対象になる場合もあります。
また、やり取りの中でも、嘘をついたり見栄を張りすぎたりするのはメリットがありません。

すぐに会いたがる

理想の相手と直接会いたくなる気持ちはわかりますが、人は真剣になればなるほど疑い深くなるものです。
相手のことを何も知らない状態ですぐに「会おう」と言うのは、軽い印象や遊んでる印象を持たれがちですし「この人誰でもいいのかな」などと思われてしまうかもしれません。

婚活サイトユーザーの声

実際に当サイトで紹介している婚活サイトを利用している方々の、生の声をご紹介します。

30代女性

youbrideユーザー

40代男性

Omiaiユーザー

婚活サイトを利用しているユーザーの体験談を聞いてイメージを膨らまそう